【麒麟がくる】第20話感想 決戦前!軍師・帰蝶動く!十兵衛は就活。あらすじネタバレ含 2020年NHK大河ドラマ「家康への文」

麒麟がくる
スポンサーリンク

3分でわかるように
まとめた記事です。
よろしければお立ちより下さい。

【公式HP】

【公式twitter】

第二十回「家康への文」

2020.5.31放送

ストーリー流れと感想

駿府

駒は”灸”の治療を施した
帰り、きれいな反物を見つける。

しかし、店主が言うには、
今川義元が尾張との戦支度を
始めたので、戦装束としての
買い占めが起こっている。
これが最後の一反だと。

きれいな反物をみつける 駒

きれいな反物をみつける 駒 引用:公式ツイッター

さくら
さくら

そう!!もうすぐ!!
”桶狭間の戦い”が始まります!!


「また、戦ですか・・・」

越前1

十兵衛は子供たちに
”読み書き”を教えている。
しかし、どこにも仕官していない
ので収入がなく、米が底をついた
と、妻・煕子より報告を受ける。

十兵衛
「このままでは、いかんと
 思うておった。」

十兵衛「このままではいかんと思うておった」

十兵衛「このままではいかんと思うておった」 引用:公式ツイッター

さくら
さくら

駒さんから、赤子の為に、
薬草が送られてきてますが、
それも、”質”に入れなくては
ならない始末・・・
十兵衛が就活を決意!!

尾張の様子を調べ、
帰ってきた左馬之助に
十兵衛は”兵の状況”を確認。

それをみた十兵衛は、
戦が近いことを察知する。

さくら
さくら

なんでも、今川は、
尾張を責める際に、
必ず先陣に三河の兵を
付けるらしいです。

十兵衛
「と、なると・・・戦は近いぞ。
 今、戦えば尾張は危ない。」

そこで十兵衛は、以前、
尾張の人質であった、竹千代
(松平元康)に目をつける。
そして、帰蝶に今川に対する
策をしたためた”文”を
届けるよう、左馬之助に命じる。

さくら
さくら

十兵衛は現在、明智家の当主です。
斎藤道三に仕えていたころは、
この、左馬之助の役目、
十兵衛でしたね。
なつかしい・・・

駿河 今川義元の館

機は熟した。
そう話す今川義元。

今川義元「”機”は熟した。」

今川義元「”機”は熟した。」 引用:公式ツイッター

反対する者はいない・・・

そして、
尾張に近い大高城に入る
先陣部隊を決める。
配下の者は、地元に詳しい
”三河の者”を薦める。

駿府 智源院

将棋を打つ東庵と元康(竹千代)。

将棋を打つ 東庵(左)と 松平元康(右)

将棋を打つ 東庵(左)と 松平元康(右) 引用:公式ツイッター

元康は東庵に将棋に勝ち、
”大事の前のさい先の良い勝ち”
だとご機嫌。

東庵
「大事の前と仰せられましたが、
 何か・・・?」

元康は尾張への戦に対する、
先陣を任されたと応える。

東庵は今宵、今川義元に、
呼ばれているが・・・
それを聞いて気が重くなったと。

駿府 元康帰宅 道中

元康と駒は道中、
共に歩を進める。

元康
「館に帰っても、
 家臣たちが戦の話ばかりで
 つまらぬ。」

駒は”戦”なのだから
仕方ありませんね。
とフォロー。

元康も”三河を今川より
返してもらうまで”は、
致し方ないと、自己解決。

元康
「されどな、時々、
 投げ出しとうなる。」

元康「されどな、時々、投げ出しとうなる。」

元康「されどな、時々、投げ出しとうなる。」 引用:公式ツイッター

さくら
さくら

そりゃそうですね。
家康はこれまで、ず~っと
”人質生活”
ですからね・・・

駒はそんな元康に、
なんにでも効くと言われている
”薬”を元康に渡す。

さくら
さくら

そんな”薬”存在しませんが、
”お守り”としての人気は、
大層なものだとのことです。

元康
「私も・・・
 生きて帰れるのなら、
 信じてみようかと。」

薬の”お守り”を駒から受け取る 元康

薬の”お守り”を駒から受け取る 元康 引用:公式ツイッター

駿河 今川義元の館

今川義元は、肩こりが酷く、
亡き、雪斎が絶賛していた、
東庵の療治を所望している。

義元
「そなた、松平元康とは
 ここ数年将棋を指し合う仲
 だそうだな。」

今川義元の療治に来た 東庵

今川義元の療治に来た 東庵 引用:公式ツイッター

今川義元は、
元康を大事に育ててきたつもり
だが、その心底はわからない。

さくら
さくら

元康の心底をチェックしたかったのね。

さらに、義元は、三河の大将は
元康がふさわしいと語る。

東庵
「はっ、まことに
 良き若武者かと。」

義元は、さらに付け加える。

”万が一、
 元康が尾張に寝返れば、
 わが身が危うい。”と。

義元は元康と親しい、
東庵に元康の”信”を問う。

義元「万が一、元康が尾張に寝返れば、わが身が危うい。」

義元「万が一、元康が尾張に寝返れば、わが身が危うい。」引用:公式ツイッター

東庵は医療の本質は”仁術”
つまり、
人をみるのが仕事”だと、
説いた上で、元康のことを、
”裏表のない方”と表現。

東庵
「殿がご案じになるような
 お方ではないと存じます。」

義元はさすが、
雪斎和上が見込んだ者だけの
ことはある。と、
東庵を褒める。

義元
「フフフ・・・安心したわい。」

さくら
さくら

義元は後顧の憂いを断った
つもりなんでしょうけど・・・

今川義元は、25000の兵を
率いて出陣!!

さくら
さくら

さぁ、桶狭間の戦いが
始まります!!
今川軍:25000
織田軍: 3000
ん・・・どこかで聞いた
兵力ですね・・・

尾張 清須城

織田家臣達が軍議をしている、
が・・・、
意見が出るだけで
まとまらない・・・

信長は席を立つ。

戦支度で忙しい中、
帰蝶が”熱田宮”に向かう
と言う。

帰蝶はその兵力差から。
長良川の戦いにおける、
道三軍と同様だと。
そこで、

”負けぬ手立て”

を構じると、信長を誘う。

信長を”熱田宮”へ誘う 帰蝶

信長を”熱田宮”へ誘う 帰蝶 引用:公式ツイッター

さくら
さくら

帰蝶の言う通り!!
さすが、軍師・帰蝶様!!

なんでも、帰蝶は
松平元康の母・於大の方
伯父・水野信元に、
熱田宮で会う段取りを
済ませていた。

母と伯父を動かして、
元康をこちらへ
寝返らせる算段!!

帰蝶
「やれる手立ては、
 全て打っておくべきかと。」

信長
「その知恵をつけたのは
 誰じゃ?」

帰蝶は無言で微笑み、
先を急ぐ。

信長「その知恵をつけたのは誰じゃ?」

信長「その知恵をつけたのは誰じゃ?」引用:公式ツイッター

信長
「フフフ、察しは付くがな。」

さくら
さくら

十兵衛お手柄!!

越前2

十兵衛は、仕官するため
鉄砲の腕前を披露。

鉄砲の腕前を朝倉家・家臣達に披露する 十兵衛

鉄砲の腕前を朝倉家・家臣達に披露する 十兵衛 引用:公式ツイッター

朝倉家・家老に取り計らって
もうらう算段を付ける。が、

さくら
さくら

十兵衛、就活開始!!

まず、朝倉義景の許可を
得てからだとのこと。

ところが、義景は
十兵衛の為に時間を作らない。
なんでも、京の公家衆たちとの
”お遊び(蹴鞠)”が
終わってからだと。

公家と蹴鞠で遊ぶ 義景

公家と蹴鞠で遊ぶ 義景 引用:公式ツイッター

十兵衛
「蹴鞠・・・」

さくら
さくら

十兵衛はさすがに、義景に、
愛想をつかしたようですね。
就活失敗・・・

越前 十兵衛の家

十兵衛
「左馬之助!
 ワシはかような国に身を
 委ねようとは思わぬ!」

尾張の織田信長は
大一番の戦に向かっている中、
自分は何をしているのか・・・

十兵衛
「ワシはここで
 何をしておる!!」

十兵衛は左馬之助に、
尾張への抜け道を案内
するように指示。

十兵衛は尾張へ向かう!!

尾張 熱田宮

信長は、このままだと、
甥御(元康)と戦うことになる。
と、水野信元に話す。

信長「このままだと、甥御(元康)と戦うことになる。」

信長「このままだと、甥御(元康)と戦うことになる。」 引用:公式ツイッター

さくら
さくら

伯父・水野信元、
母・於大の方、双方とも、
信長に呼ばれた時点で、
信康のことであろうと、
察しはついていたそうです。

そして、元康の母・於大の方は、
16年我が子に会っていない、
それでも”母”と呼べるのか?
と、信長に問う。

信長
「わしなら元康殿なら、
 16年会わずとも、
 20年会わずとも、」
 名を聞けば胸を刺される。
 母は母じゃ。」

それを聞いた於大の方は、
元康に宛てた”文”
あらかじめ用意していた。
と信長に応える。

そして、水野信元は、
元康の元に送りこんでいる者に
”今川から離反するよう説得させる”
と、信長に話す。

さくら
さくら

菊丸(春次)の出番ですね。

但し、水野信元は、信長に
条件を付ける。

元康説得の条件として”以後、尾張は、三河の国に野心を持たぬこと” 水野信元

元康説得の条件として”以後、尾張は、三河の国に野心を持たぬこと” 水野信元 引用:公式ツイッター

”以後、尾張は、
 三河の国に野心を持たぬこと”

信長
「わかった。約束しよう。」

元康の文を受け取る菊丸。
元康の元へ急ぐ!!

尾張 大高城1

松平元康は、大高城に入城

元康は妙な違和感を感じる。
途中、織田方の見張りに
見つかったように思えたが、
”矢”の一本も飛んでこなかった。

”まるで見て見ぬふりを
されているような感覚。”

尾張 清須城

信長は、元康が大高城に
入ったと連絡を受ける。

信長の作戦:
 丸根砦に元康が攻め寄せて
 来たときは、まともに戦わず、
 砦に火を放って逃げよ。

信長は家臣・簗田政綱に、
義元の大高城までの経路を問う。

政綱
「恐らく・・・」

”桶狭間”

地図の”桶狭間”を睨む 信長

地図の”桶狭間”を睨む 信長 引用:公式ツイッター

尾張 大高城2

元康
「だれぞ!」

菊丸のに部屋に入るよう指示する 元康

菊丸のに部屋に入るよう指示する 元康 引用:公式ツイッター

元康の元にたどり着いた
菊丸(春次)。
早速、預かった手紙を元康に渡す。
母から”文”だと告げると、

驚きを隠せない元康・・・

母の手紙に心を打たれる 元康

母の手紙に心を打たれる 元康 引用:公式ツイッター

母の手紙:
”この戦、勝っても、負けても

 良いことは、何もない。
 身を引きなさい。
 母は元康殿に会いたい”

母の言葉に心を打たれる元康。

菊丸
「殿!
 これは、三河の者全ての
 願いでございます。

 私は、この日のために
 殿にお仕えしてまいりました。

 何とぞ、
 今川をお討ち下さい!!

元康の説得にあたる 菊丸

元康の説得にあたる 菊丸 引用:公式ツイッター

さくら
さくら

やっと菊丸は、
”思い”をぶつけることが
できました。
さぁ、元康さん、
決断の時です!!

第二十回 終了

ピックアップ:

今回の視聴率は15.3%
視聴率は全く問題ありませんね!!
さぁ!!次回、桶狭間です!!
6月7日の放送で、
とりあえず、コロナの影響で休止
ですね・・・残念ですが、
待ちます!!待ちますとも!!

うん、やはり帰蝶が動きました!!
知恵は、十兵衛によるものかもしれませんが、
その行動力・根まわしたるや!!
名軍師健在ですね。

元康の伯父・水野信元と、母・於大の方との段取りをつける 帰蝶

元康の伯父・水野信元と、母・於大の方との段取りをつける 帰蝶 引用:公式ツイッター

一方、十兵衛は就活失敗!!
鉄砲の腕前を見せるも、
上長が”遊び”優先では・・・
ちなみに、
朝倉義景は織田信長に攻められ、
その身を追われることになります。
その時、十兵衛の活躍は如何に!
期待しましょう!!

十兵衛「なにが、蹴鞠じゃ・・・」

十兵衛「なにが、蹴鞠じゃ・・・」 引用:公式ツイッター

今回のピックアップですが、

徳川家康こと、松平元康!!

今川に、人質として向かう前の元康です。
信長のと将棋は楽しかったようです。
今川は敵だと、信長に言ってましたね。
”敵”を討つ為に、”敵”の懐に入る。
すごく聡明な感じの子でしたね。
(第10話:ひとりぼっちの若君)

今川へ人質として向かう前の 元康(竹千代)

今川へ人質として向かう前の 元康(竹千代) 引用:公式ツイッター

成長し、今川義元から、
先陣を任されるようになりました。
風間俊介さんの今後の演技に期待しましょう。

母からの手紙に心を打たれれる 松平元康

母からの手紙に心を打たれれる 松平元康 引用:公式ツイッター

お付き合い頂き
ありがとうございます。

次回

第二十回「決戦!桶狭間」

お付き合い頂ければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました