【リゼロ】アニメ13話感想 スバル絶望Ⅰエミリアに捨てられる あらすじネタバレあり

Re:ゼロから始める異世界生活

Re:ゼロから始める異世界生活

3分でわかる、あらすじと
感想を掲載しています。
よろしければ、
お付き合い下さい。
【公式HP】

13話「自称騎士ナツキ・スバル」

-13話-流れと考察

王城 玉座の間

王選候補者最後のひとりは
フェルトだった!!

分けのわからぬまま
アストレア家にかくまわれ、
王城に連れてこられたフェルトは
怒り心頭。
そんなフェルトにラインハルトは
龍璽を渡すと、

龍璽は輝きを見せる。

王選候補者 最後のひとり フェルト

王選候補者 最後のひとり フェルト 引用:公式ツイッター

フェルトが
応戦の候補者として
認められる!!

そして場が荒れる・・・

・フェルトの素行と出身が
 気に入らない貴族達は
 納得がいかない。
 ラインハルトが所属する
 騎士団は聞き捨てならない。
 双方の間に緊張がはしる。・プリシラが、フェルトを
 つまらない人間だと挑発。・プリシラがエミリアを
 「銀髪のハーフエルフ」と
 (嫉妬の魔女)挑発。

そんななか、
王選候補者が紹介される。

候補者:プリシラ・バーリエル
従者:アル
一言:王選は無意味。
   自分に従うだけでよい。
プリシラとアル

プリシラとアル 引用:公式ツイッター

候補者:クルシュ・カルステン
従者:フェリックス・アーガイル
一言:龍との盟約は忘れ、
   自分達の手で新しい国を
クルシュとフェリス

クルシュとフェリス 引用:公式ツイッター

候補者:アナスタシア・ホーシン
従者:ユリウス・ユークリウス
一言:自分は欲深。
   自分の国がほしい。
アナスタシアとユリウス

アナスタシアとユリウス 引用:公式ツイッター

候補者:エミリア
従者:ロズワール辺境伯
一言:全ての民が公平な国を
エミリアとロズワール

エミリアとロズワール 引用:公式ツイッター

フェルトは王選拒否!!

賢人会のひとりが

エミリアを
”半魔”と揶揄。

”けがわらしい”と追い打ち!!
エミリアが悲しい表情を見せた
そのとき!!

”半魔”と揶揄される エミリア

”半魔”と揶揄される エミリア 引用:公式ツイッター

スバル
「ふざけてんじゃね~!!」

エミリア
「スバル。いいの。
 もうやめて。」

スバル
「いいや。やめねぇ!!
 ふざけんなおまえら!!
 エミリアに謝れ!!」

エミリア
「スバル!!」

エミリアはスバルを御して、
賢人会や、貴族たちに、
改めて語り掛ける。
その姿は、先とは違い、
とても凛々しい!!

エミリア
「私の名前は、エミリア
 火のマナを司る大精霊
 ”パック”を従える、
 銀色の髪のハーフエルフ。」

改めて自己紹介する エミリア

改めて自己紹介する エミリア 引用:公式ツイッター

エミリアは、魔女との共通点が
多いという偏見で、
可能性(王選)の権利を
奪われることを
拒否すると明言。

そんなエミリアを見て
スバルは覚悟決まったと
中央へ進んでいく。

スバル
「はじめまして、
 賢人会の皆々様。
 オレの名前は、
 ナツキ・スバル
 ロズワール邸の下男にして
 こちらにおわす王候補
 エミリア様の
 イチの騎士!!

”騎士”を自称する スバル

”騎士”を自称する スバル 引用:公式ツイッター

だが、ユリウスは、騎士を自称し、
宣言したスバルに対して、
自分たち騎士と同様の
”自覚・覚悟・力”
あるのか?問う。

スバルに”騎士”としての”自覚・覚悟・力”を問う ユリウス

スバルに”騎士”としての”自覚・覚悟・力”を問う ユリウス 引用:公式ツイッター

どれだけ、非難されても、
スバルは折れない。が・・・

スバル
「彼女が特別だからだ!!」

ユリウス
「君がそこに立つ理由は
 納得した。だが!!
 やはり私は、君を騎士として
 認めるわけには
 いかないと思うよ。
 隣に立ちたいと望む相手に
 そんな顔をさせるのは
 騎士ではない・・・」

うつむくエミリア・・・

暴走するスバル うつむくエミリア

暴走するスバル うつむくエミリア 引用:公式ツイッター

エミリア
「もういいでしょ。スバル。」

賢人会は、スバルの態度は
エミリアに対する偏見を解く、
”いい従者”だと評価。が・・・

エミリア
「スバルは、私の
 従者なんかじゃありません。」

エミリアは王座の間から
スバルを追い出す。

スバルが王座の間から
退出して間もなく、
煙幕が・・・

ロム爺が、
フェルトを取り戻しに、
玉座の間に潜入!!

フェルトと取り戻しにきた ロム爺

フェルトと取り戻しにきた ロム爺 引用:公式ツイッター

レム
レム

王宮に潜り込むは、無茶です!!
死罪になってしまいます!!

ロム爺は程なく拘束される。

フェルトは、
王選を拒否していたが、

王宮に侵入し、
死罪を免れないロム爺を
助ける為に

王選への参加を決意!!

ラム
ラム

フェルトにとって、
ロム爺は家族みたいなもの
だったわね。

候補者:フェルト
従者:ラインハルト
一言:貴族・騎士・王国
   全てが嫌いだ。
   何もかもをぶっ壊す!!
フェルトとラインハルト

フェルトとラインハルト 引用:公式ツイッター

全ての候補者が揃い、
賢人会より宣言

王選が開始!!

王城 控室

退場したスバルに、
フェリスとラインハルトは
王選の開始を連絡。

そこへ、ユリウスも登場。
スバルへ付き合ってほしいと、
闘技場へと向かう。

ユリウスに意気込む スバル

ユリウスに意気込む スバル 引用:公式ツイッター

王城 闘技場

多くの騎士団員が注目する中、
木剣を手に模擬戦を開始する模様。
”誰も得をしない”と非難する
ラインハルトの言葉は聞かない・・・
ユリウスと対峙するスバル。

ユリウス
「これより、
 騎士の誇りを汚した
 不逞の輩に”誅”を下す。」

ラム
ラム

いい文句に、買い文句では
あったけれど、ユリウス以外の
他の騎士団は納得しないわね。

開口一番飛び出すスバル。
転倒の”ふり”で砂を使い
目くらまし。が、
ユリウスには通じない。

スバルは卑怯な手段を用いるもユリウスには通用しない

スバルは卑怯な手段を用いるもユリウスには通用しない 引用:公式ツイッター

スバルは一方的に、
やられ続ける。

そんななか、
玉座の間の王選候補者達にも
模擬戦の一報が入る。

他の候補者の反応は薄いが、
エミリアは焦る。
止めるために、
玉座の間を飛び出す。

スバルとユリウスの一報に焦る エミリア

スバルとユリウスの一報に焦る エミリア 引用:公式ツイッター

ボロボロのスバル。
到着するエミリア。

スバルは唯一使える
魔法”シャマク”で、
ユリウスの視界を
封じようとする。が、

ユリウスには通じない。

ユリウス
「練度が低すぎる。」

ユリウスは、
トドメの一撃。

スバルにトドメと加える ユリウス

スバルにトドメと加える ユリウス 引用:公式ツイッター

ユリウス
「きみは、
 無力で、救い難い。
 あのお方のそばに
 いるべきではない。

エミリア
「スバル~!!」

ラム
ラム

自業自得よ。バルス。

王城の一室

ユリウスの一撃で
気を失ったスバルが目を覚ます。
傍らには、エミリア。

すぐさま、スバルは王選対策を
始めようとする。が・・・

エミリル
「スバル、
 話をしましょう。
 ほんとに、たくさん・・・」

エミリア「スバル。話をしましょう」

エミリア「スバル。話をしましょう」 引用:公式ツイッター

・どうしてユリウスと戦う事
 になったのか。
 → 一矢報いてやりたかった。・エミリアとロズワールは
 明日、屋敷に帰る。
 スバルは、王都に残り、
 フェリスの治療に専念
 してもらう。
 (元々そういう約束)・スバルは、エミリアの傍に
 いると無理をする。
 → エミリアの為に無理をしたい。

エミリア
「私の為・・・
 自分の為でしょ・・・

 そうやって、なにもかも
 私の為だって、嘘をつくのは
 やめてよ!!

 ねぇ、覚えてる?
 私がスバルにお願いしたこと。」

エミリア「嘘をつくのはやめてよ!!」

エミリア「嘘をつくのはやめてよ!!」 引用:公式ツイッター

エミリアのお願い:
・レムと一緒に宿で待ってて
・魔法は使わないで

エミリア
「私との約束は
 守ってくれないのに、
 それでも、自分の事は
 信じてほしいって・・・

 そんなこと言われたって
 できない。できないよ!!」

エミリアは、何故スバルが
自分を助けてくれるのか問う。

スバルはエミリアが助けてくれた
からだと・・・

ただ、王都での最後の死に戻りでは、
エミリアと初めて会ったのは、
”盗品蔵”で、エミリアは
スバルを助けていない。

エミリア
「わからないって
 言ってるの!!!」

エミリア「わからないっていってるの!!」

エミリア「わからないっていってるの!!」 引用:公式ツイッター

スバルは信じてもらえない・・・

魔女の呪いを受けたスバルは、
エミリアに”死に戻り”関する
事は話すことができない。

エミリア
「また、
 何も言ってくれないのね・・・
 いってくれなきゃ、
 わからないよ、スバル・・・」

スバル
「オレの・・・
 これまで全部・・・
 オレのおかげで、
 どうにかなってきただろ!!」

スバルは、
盗品蔵のことも、
屋敷でのことも、
全部、自分がどうにかしてきた。
体を張ってきたからだと豪語する。

スバル
「おまえはオレに、
 返しきれないだけの
 ”借り”があるはずだ!!」

スバル「おまえはオレに、返しきれないだけの”借り”があるはずだ!!」

スバル「おまえはオレに、返しきれないだけの”借り”があるはずだ!!」 引用:公式ツイッター

エミリア
「そう・・・よね・・・
 私はスバルに、すごい、
 いっぱい、たくさんの
 借りがあるから・・・

 だからそれを全部返して
 終わりにしましょう。

 もういいよ。
ナツキスバル。

 私ね・・・期待してたの。
 ひょっとしてスバルは私を・・・
 スバルだけは私を特別扱い
 しないんじゃないかって。」

エミリア「もういいよ。ナツキスバル」

エミリア「もういいよ。ナツキスバル」 引用:公式ツイッター

スバル
「そんなの無理だ・・・」

エミリア退出。

第13話 -終-

-ピックアップ-

第13話でした!!
スバル絶望の回、第一弾ですね。
まず、エミリアから
突き放されましたね・・・
第一弾だけでも、結構
しんどい内容です・・・

エミリア「もういいよ。ナツキスバル」

エミリア「もういいよ。ナツキスバル」 引用:公式ツイッター

でも、今回は自業自得ですよね。
約束(契約)を軽くみた、
スバルが悪いです。
若さ故かな??

まだまだ絶望は続きますよ~。

また、スバルとエミリアに
特別扱いに対する齟齬(そご)が
発生しました。

・スバルはいい意味(好意)
 での特別扱い
・エミリアは悪い意味(差別)
 での特別扱い

これも、伏線ってことで!!

さて、今回のピックアップですが、
フェルトです!!
筆者の記憶が確かなら、
今章、フェルトの出番は、
これ以降ないと思います。

王選候補者として登城する フェルト

王選候補者として登城する フェルト 引用:公式ツイッター

王選候補者最後のひとりとして
出演しましたが、
今章のメインではないです。
それを考えれば納得です。

最初の出演は”腸狩りのエルザ
からの依頼で、エミリアの徽章を盗みます。

エミリアから徽章を盗んだ フェルト

エミリアから徽章を盗んだ フェルト 引用:公式ツイッター

そういえば、エルザは誰の依頼で
エミリアの徽章を
狙ったんでしょう?
(筆者はアニメ派)
調べるのは簡単ですが、ここは、
第二期以降のサプライズに期待
することにします!!

”腸狩り” エルザ

”腸狩り” エルザ 引用:公式ツイッター

盗品蔵では、
ラインハルトに助けを呼びに
行きますが、エルザ撃退後、
問答無用で連れさられます。
(今回伏線回収されましたね。)

ラインハルトに無理やり尋問される フェルト

ラインハルトに無理やり尋問される フェルト 引用:公式ツイッター

フェルトは”風の加護”を
受けているらしい。(エルザ談)

加護とは、
生まれたときに世界から与えられる祝福。
世界からもたらされる福音のことです。

エルザが嫉妬してましたね。
風の加護?を受けスピードに乗る フェルト

風の加護?を受けスピードに乗る フェルト 引用:公式ツイッター

そして、今回の王選参加です。
従者が、ラインハルトってのは、
反則級な気がしますが・・・

王選参加の決意をする フェルト

王選参加の決意をする フェルト 引用:公式ツイッター

今回もお付き合い頂き
ありがとうございます。
次回も是非お付き合いください!!

次回

-各話紹介-

第12話「再来の王都」

第14話「絶望という病」

-リゼロの視聴方法-

リゼロを視聴したければ
VODサービスを利用するのがベスト!
自分が好きな時に
自分が好きな場所で
リゼロを楽しみましょう。
筆者のオススメVODサービス
いくつか紹介します。
参考にして下さい。

・U-NEXT  (人気NO1.日本最大級サービス)


U-NEXT

月額料金・1,990円(税抜)

無料期間・31日
見放題作品・190,000本以上
レンタル・20,000本以上

日本最大級のVODサービスです。
サービスも充実!
一家で入るならこちらがベスト。

詳しい情報はこちら
U-NEXT詳細情報

・dアニメストア  (アニメさえ見られればいい!!)


dアニメストア

月額料金・400円(税抜)
無料期間・31日
見放題作品・3800作品以上
 
アニメさえ見られればいい!!
って方にはもってこいの
サービスですね。
月額400円で見放題は安い!

詳しい情報はこちら
dアニメストア詳細情報
 

・AbemaTV  (見逃し配信無料)


AbemaTV 

基本無料

「テレビ」で放送中の番組
無料で配信してくれる
サービスです。
期間限定ではありますが、
見逃し視聴も可能です。
特に、アニメには力が
入ってますね。
チャンネル数が多いです。

その、アニメですが、
見逃し配信を逃すと、
1話と最終話しか、

視聴できません。が、
月額960円の
”プレミアムプラン”
に入ることで、全話いつでも
視聴可能です。

タイトルとURLをコピーしました