【麒麟がくる】第8話感想 デジャブ??帰れ被害!!十兵衛帰る  あらすじネタバレ含 2020年NHK大河ドラマ 「同盟のゆくえ」

麒麟がくる
スポンサーリンク

3分でわかるように
まとめた記事です。
よろしければお立ちより下さい。

【公式HP】
【公式twitter】

第八回「同盟のゆくえ」

2020.3.8放送

尾張の海辺で、漁師たちから
慕われている奇妙な出で立ちの
織田信長(染谷将太)を
目の当たりにした光秀
(長谷川博己)。この男に
帰蝶(川口春奈)を嫁がせて
いいものかと葛藤する光秀だが、
母・牧(石川さゆり)は美濃国の
行く末のことを一番に考えることが
大事だと告げる。
光秀が自分の気持ちに
こたえることがないと分かった
帰蝶は、光秀の口から
「尾張に行って美濃にない海を
見るべきだと、
背中を押してほしい」と
条件をつける。
引用:NHK大河ドラマ「麒麟がくる」

ストーリー流れと感想

尾張 海岸

漁から帰ってきた信長。
捕ってきた魚をさばき、
一切れ一文という格安の値段で
村の人々に売り始める。

十兵衛
「織田信長
 奇妙な男じゃ・・・」

釣った魚を売りさばく 信長

釣った魚を売りさばく 信長 引用:公式ツイッター

さくら
さくら

注目の信長ですが、
信秀の跡取りらしくない、
随分、気さくな感じでしたね。
村民からも
慕われているようでした。
わかりやすいのが
いいんでしょうね。

明智荘

駒と帰蝶は女子トーク中。

駒は帰蝶が十兵衛に対して、
恋心を抱いていることに気づく。

女子トーク中 帰蝶と駒

女子トーク中 帰蝶と駒 引用:公式ツイッター


「困りました。」

帰蝶も駒が十兵衛に対して、
恋心を抱いていることを知る。

帰蝶
「困ることはない。」
「嫁に行かせたくなければ
 調べになど行かぬ。」
「それゆえ、そなたが
 困ることなど何もない。」

帰蝶は駒に対して
十兵衛は自分に気がないのだから、
気にする必要はないと話す。

さくら
さくら

帰蝶さんずっと切ない話
ばかりですね。

夫を父に毒殺されたり、
人質として
輿入れの話になったり・・・

でも、すっかり親密な仲になった
駒に対して、思いやりのある
お言葉。切ないけど感動です~

まぁ、十兵衛に信長の調査を
依頼して承諾した時点で
覚悟はしていたことが
わかりますね。

鈍兵衛は、わかっていない
んでしょうけど・・・

 

明智荘 館の外

十兵衛は館に帰れない・・・
帰蝶を信長に嫁がせていいものか
悩んでいる。決断ができない。

決断ができない 十兵衛

決断ができない 十兵衛 引用:公式ツイッター

さくら
さくら

なにせ、
奇妙な男ですからねぇ・・・

そこへ、母・牧がやってくる

「人は消えても山や畑は、
 変わらずそこにある。
 それを守っていくのが
 残された者の努めかもしれん。
 十兵衛。
 大事なのはこの国ぞ。
母の助言を受け、
十兵衛は決断する。

 

明智荘 館

帰蝶
「尾張はよいところか?」

十兵衛
「海が美しいところで
 ございました。」

帰蝶は十兵衛の口から
尾張に行くべきと背中を
押してほしいと願う。

十兵衛
 「尾張へお行きなさいませ!!」
帰蝶
「十兵衛が申すのじゃ・・・
 是非もなかろう」と

「是非もなかろう」 帰蝶

「是非もなかろう」 帰蝶 引用:公式ツイッター

帰蝶は、稲葉山城に帰る。

 

稲葉山城

道三
「でかした十兵衛!!」
 帰蝶が輿入れを快諾したことに、
 道三は小踊りして喜び、十兵衛を
 ねぎらう。

喜ぶ道三 引用:公式ツイッター

さくら
さくら

道三の小踊り・・・
珍妙です~(笑)。

道三
「血を流さずに
 一歩も二歩も海に近づいた!!
 フはははははは・・・・

道三は高笑い。

しかし、十兵衛は
部屋を出ると、帰蝶の輿入れに
反対する高政の家臣に
連れ出される。

高政・国衆 総勢10名に脅迫される 十兵衛

高政・国衆 総勢10名に脅迫される 十兵衛 引用:公式ツイッター

その後、高政・国衆に脅迫され
美濃の守護・土岐頼芸の元へ
連れていかれる。

さくら
さくら

今回の件で、
十兵衛と高政は
完全に決裂ですね!!

 

土岐頼芸 館

十兵衛は土岐頼芸に尾張との同盟に
手を貸したことを責められる。
尾張と手を組めば、
今川義元とも戦うはめになる。

頼芸
「わしは、利政(道三)の
 横暴をゆるさん!!」

高政は、今からでも、
同盟を潰してこいと。

しかし、
十兵衛は尾張の魅力を語り、
それが、戦をせず手に入れる
ことができると反論。
興が覚めた頼芸は、
大あくび。

興が覚めて大あくび 頼芸

興が覚めて大あくび 頼芸 引用:公式ツイッター

頼芸
「今日は鷹狩りで
 いささか疲れた。」

話は次回に持ち越しと
言い残して席を立つ。

稲葉良通は、頼芸に、

十兵衛を斬るか打診。

頼芸
「あの帰蝶の気性と、
 うつけの信長とでは、
 もって1年だろう」
放置確定。

さくら
さくら

道三と事を構える気はない頼芸。
(本当は道三が怖い・・・)
今、十兵衛を斬ると、
もれなく道三がついてきます。

ひとり残される高政。
十兵衛は高政に
”すまなかった”と
気を使うが・・・

高政
「帰れ。」
「帰れ!!」

2話続けて「帰れ」被害にあう 十兵衛

2話続けて「帰れ」被害にあう 十兵衛 引用:公式ツイッター

さくら
さくら

2話続けて、
「帰れ!!」被害にあう十兵衛。
しかも、親子に・・・
(初回は道三 第七回にて)

十兵衛は一礼し、
その場を去る。

 

深芳野の間

高政は頼芸が、自分の話を聞き流し
颯爽と席をはずしたことで、
国衆を集めた手前、恥をかいた
ことを母・深芳野に話す。
加えて、自分の父親は頼芸では
ないのか?真実をを知りたいと
母に詰め寄る。が、
深芳野は、家督を継いで
全てはそれから、今は我慢しろ。と

今は我慢のときじゃ 母・深芳野と高政

今は我慢のときじゃ 母・深芳野と高政 引用:公式ツイッター

さくら
さくら

高政は本当の父は頼芸だと
信じてます。
今回のことは流石に
高政はショックですね。

 

明智荘

十兵衛が館にもどると宴が
行われている。
なんでも、駒が明日、京に帰るとの
ことらしい。

駒は明智の家紋入り(桔梗紋)
の扇子を牧より貰い受けていた。
このことを十兵衛に話すと、
駒は、その扇子は十兵衛の父
光綱の形見のひとつだと知る。
「駒の一生の宝物といたします。」
十兵衛に笑顔で応える。

駒が牧から貰い受けた 父の形見の扇子

駒が牧から貰い受けた 父の形見の扇子 引用:公式ツイッター

 

翌朝、
十兵衛は駒の見送りに
しばらく歩を進める。
駒はあまり長く送って頂くと
胸が辛くなるとのこと。
しかし、十兵衛は”峠道”まで、
と歩を進める。

そんな十兵衛に駒は
質問を投げかける。

帰蝶が稲葉山に帰るときに
見送らなかったのは、
本当に辛かったからではないか。
帰蝶のことが大好きだったから
ではないか。と。

十兵衛
「そうやもしれぬ・・・」


「よかった。
 そのことをお聞きしたかった
 のです。」

駒は、悲しみを押さえた
笑顔を見せる。

真実を知って悲しいけれど笑顔を見せる 駒

真実を知って悲しいけれど笑顔を見せる 駒 引用:公式ツイッター


「ここで、お別れいたします。
 ありがとうございました。」

さくら
さくら

駒は十兵衛と帰蝶が実は両想い
であること知ったわけですね。
逆にスッキリしたのかな?

・・・・・ん
今回、恋愛要素強い?!まぁ、
輿入れがメインだし・・・
そうなりますかねぇ。

 

稲葉山城

帰蝶が尾張へ嫁ぐ。

さくら
さくら

和睦の話があって、
わずか2カ月の
スピード婚みたいです

 

駿河 今川義元の館

今川義元のもとで、
尾張と美濃の和睦に関する
話し合いが行われている。
太原雪斎と、
松平広忠(家康の父)である。

家康の父 松平広忠

家康の父 松平広忠 引用:公式ツイッター

三河は長年、織田家に苦汁を
飲まされてきた。

・田畑・城を取られる
・嫡男を人質に取られる
 (竹千代・・・後の家康)

義元は今こそ、
汚辱を晴らす時!!と
松平広忠を焚きつける。

義元
「わしが手を貸す。
 織田と戦じゃ!!」

「織田と戦じゃ!!」 今川義元

「織田と戦じゃ!!」 今川義元 引用:公式ツイッター

さくら
さくら

義元は松平広忠を矢面に
立たせようってハラね・・・

 

尾張 那古野城

帰蝶が信長の居城・那古野城に
到着。祝言が開かれる予定。が、
信長の姿が
どこにも見当たらない!!
守り役の平手政秀は探し回るも
若殿(信長)が見つからない。

政秀
「今少し、

 お待ちくださりませ~!!」

帰蝶は笑みをみせる・・・

祝言当日、信長不在で笑みをみせる 帰蝶

祝言当日、信長不在で笑みをみせる 帰蝶 引用:公式ツイッター

さくら
さくら

帰蝶の笑み・・・
何を思うのでしょう?

まぁ、こーいった事が、
信長の”うつけ”と
呼ばれる所以
なんでしょうね(笑)

 

明智荘

夜、
十兵衛はひとり軒先で
お手玉をしている。

今回の件で、
いろいろ失った十兵衛。
背中は寂しげ・・・

ひとりの十兵衛

ひとりの十兵衛 引用:公式ツイッター

第8回 終了

 

ピックアップ:

今回の視聴率は13.7%
微減ですが・・・
繰返し、何度もいいます!!
毎週楽しみに視聴している
我々には関係ない情報ですが、
人気のバロメータではあるので、
一応報告です。

今回のメインはやっぱり
帰蝶の輿入れなんでしょうけど。
本木さん・・・
またやってくれましたね(笑)!!
あの、小踊りが
ツイッターで、ものすごく
話題になってますよ!!
おもしろすぎでしょ!!

それにしても、十兵衛
一気に孤独になりましたね。

・高政(旧友)とは決裂
・帰蝶(思い人)は輿入れ
・駒(思ってくれる人)は京に帰る

でっ出ました~!!松平広忠役の
浅利陽介さん!!
2016年大河ドラマ「真田丸」の
小早川秀秋役で登場しましたが、
小心者で裏切り者の役を見事演じて
くれました。そのときのイメージ
は、今でも離れません。
名役者ですね!!
期待度激高です!!

次回予告でなんと!!
岡村さんこと菊丸が疑惑の
セリフです。
「いのちに代えても
 お守りいたします。」
んっっっっ???
やはり、忍者か???

お付き合い頂き
ありがとうございます。

次回

 第九回「信長の失敗」
 
 お付き合い頂ければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました