【麒麟がくる】第6話感想 義輝実演!!壁に耳あり!障子に目あり!! あらすじネタバレ含 2020年NHK大河ドラマ 「三好長慶襲撃計画」

麒麟がくる
スポンサーリンク

3分でわかるように
まとめた記事です。
よろしければお立ちより下さい。

【公式HP】
【公式twitter】

第六回「三好長慶襲撃計画」

2020.2.23放送

将軍・足利義輝(向井 理)も列席
する連歌会で、時の権力者・細川晴元
(国広富之)による松永久秀
(吉田鋼太郎)と三好長慶
(山路和弘)の暗殺計画があること
を光秀(長谷川博己)は知る。
京の町の安寧が崩れることを恐れ、
光秀は館に潜入し三淵(谷原章介)と
藤孝(眞島秀和)らと協力して、
松永らを救うことに。
そこで傷を負った光秀は、
東庵(堺 正章)の診療所へ
運び込まれ、駒(門脇 麦)と
ひさしぶりの再会を果たす。
引用:NHK大河ドラマ「麒麟がくる」

 

ストーリー流れと感想

十兵衛は伊平次に鉄砲を分解して
もらって、鉄砲の仕組みを学習。
「美しい」と感嘆。

また、
十兵衛は伊平次より
万里小路家で開かれる”連歌の会”で
松永久秀とその主君、三好長慶を討つ
計画があることを知らされる。

さくら
さくら

伊平次は
遊郭通いで、この計画を
小耳にはさんだようですね。

さくら
さくら

連歌の会:

短歌は5・7・5・7・7
を一人で読み切る。

連歌は5・7・5(上の句)
を読んだあと、
別人が7・7(下の句)
を読む。

団体で、楽しむ会ですね。
これは、あくまで基本の形態で、
他にも、
いろいろな様式があるようです。

十兵衛は久秀を救うために、急ぎ、
将軍の側近、藤英の屋敷へ走る。

藤英の館

藤英の館には将軍義輝が
訪問しており、”能”が
開かれている。

”能”を堪能する義輝

”能”を堪能する義輝 引用:公式ツイッター

十兵衛は、藤英・藤孝に
久秀の暗殺計画を話す。

藤孝:
 すぐに救援に向かわねば!
藤英:
 細川家のお家事情に口をだすな!
 我らが加勢すれば、将軍家の総意
 となる!!

 

さくら
さくら

細川家の内部事情:

将軍直属の家臣
 →細川晴元
 ・素行がよろしくない。
 ・将軍の前で鼻をかむ。
  
  細川晴元の家臣
  →三好長慶
   三好長慶の家臣
    →松永久秀
  ・細川家に対して
   下剋上!!
   勢力を拡大中
 

藤孝は、将軍をないがしろにする
細川晴元が気に入らない。
松永の加勢に向かう!!も・・・
その会話の内容は、廊下で

将軍義輝が聞いている!!

十兵衛の訴えを壁越しに聞く義輝1

十兵衛の訴えを壁越しに聞く義輝1 引用:公式ツイッター

藤孝、義輝の前に留まる

十兵衛は父親からの教えで、
将軍は全ての武士の”頭”
であり”鑑”と聞いている。
藤英に対し叫ぶ

「いま、この世は
 平らかではありません。
 
 将軍のお膝元でさえ、
 家臣同士が争っている。
 
 それに目を塞ぎ、
 背を向けて、関わりなしでは、
 武士はひとつに
 纏まることはできない!!
 
 将軍様が”争うな”と
 命じなければ、
 世は、平らかになりませぬ。」
 
十兵衛はそう言い残し
現場”万里小路家”へ走る。

それを聞いていた、将軍義輝は

「あの者の後、追え。」

十兵衛の訴えを壁越しに聞く義輝2

十兵衛の訴えを壁越しに聞く義輝2 引用:公式ツイッター

加勢の許可!!
藤孝はもちろん
藤英も現場へ急行!!

万里小路の館

ほのぼのと、
連歌の会が開かれている。

ほのぼのと連歌の会が開かれている

ほのぼのと連歌の会が開かれている 引用:公式ツイッター

そこへ、晴元の刺客が強襲!!

「殿!!お逃げ下さい!!」
対応する久秀!!
だが、長慶まで手がまわらない。

刺客の刀が長慶に迫ろうとした

その時!!

十兵衛の投げた小刀が
刺客にHIT!!

さくら
さくら
ヒーロー漫画の
タイミングですね!!

藤孝・藤英も現場に到着。
十兵衛・久秀の4人お互いに背を
合わせ、刺客と戦う。

刺客に対抗する十兵衛達

刺客に対抗する十兵衛達 引用:公式ツイッター

「引け!!引け~」

刺客は現場から立ち去る。

細川晴元「しくじりおって!!」

細川晴元「しくじりおって!!」 引用:公式ツイッター

さくら
さくら

近くの小屋で
身を潜めていいた
悔しがる晴元の
カットインがいい!!

十兵衛は久秀を窮地から救ったが、
左肩に傷を負う・・・

光秀は東庵という知り合いの医師に
見てもらうと伝える。
なんとか、たどり着くも、
”駒”を目の前にして、
気を失ってしまう。

東庵の療養所

目を覚ます十兵衛。
なんでも、二日間昏睡状態で
駒の看病を受けていたらしい。
駒に礼を言う十兵衛。
駒は、何日でも看病すると
笑顔を返す。

十日後、藤孝が久秀のお礼の品
”水飴”をもって来訪。

藤孝「京に残ってほしい」

藤孝「京に残ってほしい」 引用:公式ツイッター

久秀は十兵衛は酒が飲めないと、
判断した模様。
駒は「水飴!大好きです!!」
とはしゃぐ。

 

さくら
さくら

駒のおかげで
場がなごみますね。

藤孝は十兵衛のような武士に、
そばにいて力を奮ってほしい。
京に残ってくれまいかと頼む。

十兵衛は、美濃も騒乱が絶えない事を理由に断る。しかし、
いつか美濃を一つに出来たら、
そのときは、藤孝をささえると誓う。

その後、道山が戦をはじめたと
東庵から連絡を受ける。

大柿奪還のための戦である。
(大柿城の戦い)

さくら
さくら

大柿城の戦い:

元々、大柿は道山の所領でしたが、
織田信秀に侵略されていました。

大柿は、交通の要所であり、
豊な農地が広がっています。

道山は、
織田軍の内乱も重なって、
見事、大柿の奪還に成功!!

戦の知らせを聞いた十兵衛は
美濃へ戻ることにした。

 

京~美濃 道中 昼

駒は、東庵のいいつけで
十兵衛に付き添うように言われた
らしいが、・・・
十兵衛は聞いていない。

京に帰るよう言い聞かせるも、
根負けして同行。

さくら
さくら

駒さん強引すぎる~

京~美濃 道中 夜

宿が取れなかったのか、
廃屋で十兵衛は火をおこし、
暖をとる。

十兵衛は、枯草で出来た布団を
用意する。
駒は、自分は元々子供のころから、
犬のようにぬくいから不要。
ケガをしている、
十兵衛に使ってほしいという。

が・・・十兵衛は駒が気になって
眠れない。

「駒殿がきになる。
 ここへ入らぬか。」

「早よう入れ」

十兵衛「早よう入れ」

十兵衛「早よう入れ」 引用:公式ツイッター

さくら
さくら

十兵衛に下心は
ないみたいです・・・

駒さん複雑ですね。
それでも一緒に居られて
幸せなのかな。


 

駒は旅芸人の時期に、教わった歌を
唄う、十兵衛は眠りにつく・・・

ともに暖をとる十兵衛と駒

ともに暖をとる十兵衛と駒 引用:公式ツイッター

 

第6回 終了

 

ピックアップ:

今回の視聴率は13・8%
微増です!!
キープはキープですね。

歴史的な出来事か、
新たな出演者がないと、
爆増といかないでしょうね。

まぁ、毎週楽しんで視聴している
我々には関係ないんですけどね。

ただ、人気のバロメータではあると
思うので、引き続き
報告したいと思います!!

さて、今回の注目は、
なんといっても

万里小路の館での
刺客との戦闘ですね。

赤い花ビラが絨毯のようで、
美しいです。
血痕が目立たない演出?

駒さんもがんばりましたね。

”一歩”引いた感じですが、
自分の主張はハッキりと言う。

オリジナルの登場人物ですが、
現代人のカッコイイ女性っぽい
キャラ設定?。

 

十兵衛は側室を持ちませんが、
意外と十兵衛の最期を送るのは
駒かもしれませんね。

引き続き注目したいと思います。

 

義輝様が聞いてますよー!!
十兵衛と藤英はわかってません・・・
まさに、
壁に耳あり!!を実践して頂きました!!


お付き合い頂き
ありがとうございます。

次回

 第七回「帰蝶の願い」
 
 お付き合い頂ければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました