【麒麟がくる】第5話感想 一触即発!!十兵衛VS細川藤孝 あらすじネタバレ含 2020年NHK大河ドラマ 「伊平次を探せ」

麒麟がくる
スポンサーリンク

3分でわかるように
まとめた記事です。
よろしければお立ちより下さい。

【公式HP】
【公式twitter】

第五回「伊平次を探せ」

2020.2.16放送

道三(本木雅弘)の命を受けた光秀
(長谷川博己)は、鉄砲の作り方に
加え、なぜ将軍家が鉄砲を大量に
必要としているのか探るべく、
再び京へ向かう。
腕利きの鉄砲鍛冶・伊平次を
探しやってきた本能寺で、
将軍・足利義輝(向井 理)の護衛で
やってきた三淵(谷原章介)と
再会をする。
将軍家も伊平次を探しているが忽然
(こつぜん)と姿を消したという。
三淵に連れられて松永(吉田鋼太郎)
の元へ向かった光秀は、松永から、
鉄砲の真の力とはお互いを
けん制させ、戦を減らす抑止力に
なることであると聞く。
引用:NHK大河ドラマ「麒麟がくる」

 

ストーリー流れと感想

稲葉山城

道三は十兵衛の指導で、
鉄砲の試し撃ちを行う。

鉄砲で的を狙う道三 引用:公式ツイッター

的に見事命中!!
「みろ!!当たった!!」

さくら
さくら
はしゃぐ道三・・・

しかし、十兵衛は
戦には不向きだと報告

さくら
さくら

破壊力はあっても、
連射が利きませんからね!!

道三は、将軍家がなぜ、
本能寺に鉄砲を作らせているのか
知りたい。
引き続き十兵衛に鉄砲の調査を
命じる。

 

明智荘

十兵衛は鉄砲構造を知って
改善箇所を模索したい。
それには、
組み分けできる技術が
必要。

藤田伝吾(十兵衛の部下)が
伊平次という男が、
近江の国友村で鉄砲の修理を
行っていると十兵衛に話す。
一路近江へ

 

国友村 刀鍛冶屋

十兵衛は棟梁に鉄砲のこと、
伊平次のことを打診するも、
将軍家からの沙汰で教えることは
できないと答える。

十兵衛が刀鍛冶屋を後にしようと
すると、若い刀鍛冶がやってくる。
「伊平次の居場所、
 よろしければ教えて差し上げます」
 
十兵衛、渋々、情報料を支払う。

情報料を支払う十兵衛 引用:公式ツイッター

”伊平次は京の本能寺にいる”

 

稲葉山城

十兵衛は道三に伊平次は京に
いること報告し、路銀を要求。
道山は渋るが・・・

「今度は全額お出し願います。」
十兵衛は全額要求!!

今回は道三が折れる。

さくら
さくら

鉄砲を調べろと言ったのは道三。
従って、今回は、
十兵衛の負担はなし!!

十兵衛は鉄砲を抱え、
馬で駆ける。いざ京へ!!

 

京 本能寺前

本能寺に到着する十兵衛。
人が集まっている。
どうやら、将軍足利義輝が
来ているとのこと。

そこへ、警護を行っている、
細川藤孝が十兵衛の鉄砲をみて、
渡せと脅す。

十兵衛は
「理不尽な申されようじゃ」
 と断る。

一触即発!!

藤孝は刀を抜く、
それを見て十兵衛も刀を抜く。

互いに剣を抜く藤孝と十兵衛 引用:公式ツイッター

一閃!!
双方、刀を切り交わす。
同じ構えでジリジリ詰め寄る。

「藤孝、やめい」

そこには、本能寺から出てきた
将軍足利義輝!!
「見事な太刀さばきじゃ」

将軍足利義輝 引用:公式ツイッター

義輝は十兵衛の太刀筋から、
”鹿島の太刀”と見抜く。
同門同士の争いは止めよと。

さくら
さくら

足利義輝も剣豪将軍として有名!!
たくさんの名刀を持ってました。

「もしやと思うたが、
 やはりそうか。」
三淵藤英の姿もある。
藤孝は弟であると紹介される。

藤孝は
「切られるかと思うた。」
十兵衛の剣を称える。

十兵衛は本能寺に伊平次を訪ねて
来たと藤英に伝えるが、
ここにも、いないらしい。

藤英は松永久秀に会いに行くと
のことで、十兵衛も同行する。

 

松永久秀の館

久秀は背中にお灸をしている、
なんでも、しゃっくりが止まらない
んだと・・・

お灸をする松永久秀 引用:公式ツイッター

さくら
さくら

第一回の「辻屋」で
偶然出くわしたときは
一触即発の空気でしたが、
今回は一転してます。

久秀は藤英に、将軍家は、鉄砲を
揃えて戦を始めようとしている
のではないかと探りを入れる。

しかし、藤英は鉄砲を使って
戦をする気はないと返す。

藤英はその場を去る。

さくら
さくら

久秀、藤英は共に鉄砲を
手に入れようとしています。
でも、お互い手の内は見せない。
ただ、双方何かを隠している
雰囲気はありましたね。

十兵衛も去ろうとするが、
久秀に呼び止められる。

十兵衛は久秀に
鉄砲の使い道を問う。

久秀は、十兵衛に

「動くな!!」
「動けば打つ!!」

十兵衛に銃口を向ける久秀 引用:公式ツイッター

「銃口を向けるだけで
 相手の動きを封じること
 ができる。
 弾が当たるか、
  どうかではない!!」

十兵衛は動けない!!

だが、玉は入ってない・・・
久秀や藤英が鉄砲を欲するのは、

”勝つためではなく、
相手を動けなくするため”

さくら
さくら

鉄砲所持の目的は
相手への抑止力ですね!!

久秀は伊平次の居場所を
知っているとのこと。
十兵衛も同行する。

さくら
さくら

藤英には内密です。

 

遊郭

「伊平次開けるぞ」
伊平次は女と酒を飲んでいる。

久秀は伊平次に鉄砲20丁
作ってほしいと依頼していた。が、

伊平次は、
しばらく鉄砲は作らない

ことにしている。

伊平次は、
松永久秀に20丁用意すると
細川春元は30丁作れ、
足利将軍は50丁作れ、
面倒くさい・・・

ごたごたに巻き込まれて仕事は
したくないと・・・

十兵衛
「伊平次・・・
 あの伊平次だな!!」
 
十兵衛は思い出す。
「ウリ泥棒の伊平次だ!!」

伊平次を思い出した十兵衛 引用:公式ツイッター

さくら
さくら

昔、伝吾(十兵衛の部下)の家の
庭にある井戸にあったウリを
盗ろうとして落ちたところ、
十兵衛が助けたんだって。

伊平次は十兵衛に恩義を
感じている。

伊平次は十兵衛の鉄砲を見つける。

十兵衛は組み分けして、
鉄砲を勉強したいと伝えると
すぐにできますよ」と
伊平次は答える。

解体道具は寺に預けているので
着替えを済ます為、
ちょっとまってほしいとその場を
離れる。

久秀、十兵衛を部屋から連れ出し

「お主から伊平次に
 鉄砲20丁つくるように
 頼んくれ!!この通りじゃ」

十兵衛
「それは困りますよ」

久秀
「そ~言わずに
 わしに恩をうれ
 いずれはは大名になって
 あふれんばかりの恩を返す
 損はさせん!!」

十兵衛にお願いする久秀 引用:公式ツイッター

そう言い残して
久秀はその場を去る。

十兵衛は伊平次と
寺へ向かう。

夕日が当たる十兵衛 引用:公式ツイッター

 

第5回 終了

ピックアップ:

今回の視聴率は13・2%
先週とあまり変わらずですね。

今回の注目は、
無論、久秀です。
いや~吉田鋼太郎さんいいですね。

 

お付き合い頂き
ありがとうございます。

次回

 第六回「三好長慶襲撃計画」
 
 お付き合い頂ければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました