【麒麟がくる】第4話感想 徳川幕府成立は十兵衛のおかげかもしれない・・・あらすじネタバレ含 2020年NHK大河ドラマ「尾張潜入指令」

麒麟がくる
スポンサーリンク

明智光秀の半生を描いた
「麒麟がくる」
第四回「尾張潜入指令」
3分でわかるように
まとめた記事です。
よろしければお立ちより下さい。

【公式HP】
【公式twitter】

第四回「尾張潜入指令」

2020.2.9放送

今川との戦いで尾張の信秀
(高橋克典)は瀕死の重傷を負う。
その知らせを受けた道三
(本木雅弘)は、妻の治療を終え
今度は尾張へ向かうという東庵
(堺 正章)に、天敵・信秀の容態を
秘密裏に探るように命じた。
その目付け役に任命される光秀
(長谷川博己)。菊丸(岡村隆史)も
お供に加わり、三人は尾張・古渡城へ
潜入。
信秀の情報をうまく聞き出すことに
成功するが…。

引用:NHK大河ドラマ「麒麟がくる」

ストーリー流れと感想

尾張 -古渡城-

さくら
さくら
小豆坂の戦い
は痛み分け!!
織田軍の消耗は激しい!!

稲葉山城

道山の妻の治療がひと段落し、
東庵は京に戻るはこびとなった。
はずが、

の実、尾張の織田信秀のもとに
診察へ向かうことが、
道山にバレていた。

道山は”小豆坂の戦い”で負傷
した、織田信秀の病状を知らせよ。
と詰め寄る。

東庵に詰め寄る道山 引用:公式ツイッター

東庵は
「患者の病状は漏らさないことが
 医師のならい」
と拒否。

道山は、
十兵衛に東庵を
いますぐ切れ!!”と命令。

困った十兵衛を見て東庵は
あいわかりました。
「織田様のご様子
 お伝え致しましょう。
と情報を流すことを承諾。

但し、条件として、
信秀への借金返済分、十貫を
薬代に上乗せしてほしいと。

「十兵衛 いますぐ切れ!!」 引用:公式ツイッタ-

道山は、
連れ合いの”駒”を人質とすることで
しぶしぶ承諾。

さくら
さくら
なかなか
見ごたえのある
シーンでしたね!!

 

道山は情報を得る代わりに
十貫の損失

 

東庵は十貫を得る代わりに
情報提供

 

東庵は駒を美濃に残して尾張へ

尾張 国境

東庵が美濃を去った後、
十兵衛と菊丸は
”薬売りの兄弟”に姿を変え、
尾張へ向かう。

さくら
さくら
東庵からの
情報を得るための
潜入捜査ですね。

ただ、菊丸はその目的を
知らされていない・・・
もし、正体がバレたら逃げろと
十兵衛に告げられる。
不安な表情の菊丸・・・

薬売り兄弟? 引用:公式ツイッタ-

尾張 古渡城

蹴鞠を終えた信秀は東庵を
すごろくに誘う。

信秀は東庵に美濃を出る際、
道山に、なにか言われなかったかを
尋ねる。

東庵は織田の様子を知らせろと指示
されたことを正直に話す。

すごろくをする東庵と信秀 引用:公式ツイッタ-

東庵は流れ矢の傷の具合を尋ねる。

信秀は、傷を見せる。
痛みは多少残るが、
3カ月経過後も問題ないと話す。

信秀は、東庵を呼んだ理由は
別にあると告げる。

夜になると発汗が激しく、
嫌な夢をみるという。

今度は、信秀が東庵に
美濃の様子を聞かせろと言った
その時、

薬売りに変装した、十兵衛と菊丸が
薬をもって到着した旨、
信秀と東庵に伝えられる。
東庵は自分が薬を依頼したと説明。

立ち上がろうとする東庵に
「まだ決着ついておらん
 終わったからにしろ。」と。

尾張 古渡城 通用口

十兵衛と菊丸が待つ最中、
屋敷からひとりの子供が
走ってくる。

後の徳川家康。現在は、
元服前の「竹千代」である。

籠に隠れる竹千代 引用:公式ツイッタ-

竹千代は母のいる
三河の刈谷まで連れて行って
ほしいと十兵衛と菊丸に願う。

城内では織田家臣が
竹千代を探している。
十兵衛はとっさに、薬草を
入れている籠に竹千代を隠す。

十兵衛は
「私にできるのはここまでです。」
「この城は守りが堅い。」
抜け出すのは無理だと諭す。

保存食の干し柿を竹千代に渡す。

「噛まずに口の中に
 含んでおくと、
 ずっと甘くて気がはれますよ。

 今はつらくても、
 日がかわり、月がかわれば、
 人のこころもかわります。
 いずれ、母上にも会えます。
 無理をせず、待つことです。

竹千代を諭す十兵衛 引用:公式ツイッタ-

竹千代
「干し柿・・・甘い」

竹千代は干し柿片手に屋敷へ帰る。

東庵がやってくる。

東庵は十兵衛と菊丸の持ってきた
薬草をみて、そのうちのひとつ
(薬草でないもの)を手に取り

役立たずじゃ。
 あい、わかったかな?

「役立たずじゃ」 引用:公式ツイッタ-

東庵は袋(見た目は薬の代金)を
わたす。

帰路に就く十兵衛と菊丸。

しかし、
信秀は、家臣に東庵のところにきた
薬売りをとらえよと。
怪しいものなら、
切り捨てるように命じる。

尾張~美濃 道中

薬の代金の入った袋を開けると、
紙に、

流れ矢””
と書かれていた。

そこへ、十兵衛と菊丸は尾張の
追手に襲われる。

菊丸は逃げ、
十兵衛は応戦するも分が悪い。

そこへ正体不明の
石礫(いしつぶて)の援護があり
十兵衛は助かる。

さくら
さくら
十兵衛を
助けたのはだれでしょう?
謎です・・・
伏線張ったかな?

無事、十兵衛と菊丸は美濃へ帰る。

 

稲葉山城 夜

十兵衛は道山に、信秀は毒に
侵されて重篤である旨報告する。

道山は
「今度はワシが攻め入る番だ」
と喜ぶ。

これで、駒は解放される。
十兵衛は朗報を伝えに
駒へ会いにいくが・・・

「十兵衛様は私が京に戻るのが
 そんなにうれしいのですか?」
 と不機嫌。

さくら
さくら
戸惑う十兵衛

「そんなに京へ戻したいのですか?」

十兵衛「ん??」 引用:公式ツイッタ-

さくら
さくら
さらに戸惑う十兵衛

駒は、東庵が尾張から美濃へ
帰ってくるまでここに残ると
言い出す始末。

さくら
さくら
わけがわからない十兵衛

稲葉山城 昼

道山のもとに、
常在寺住職 日運が訪れる、
鉄砲の情報を携えて。

将軍足利義輝は
本能寺に鉄砲を作らせてい
いると言う。

鉄砲の練習をする十兵衛 引用:公式ツイッタ-

第4回 終了

ピックアップ:

今回の視聴率は13・5%%
多少ダウンですが、
前回は、あまり歴史的に大きな動きが
なかったせいかな?

今回は、十兵衛が竹千代を
諭すシーンがイチ押しですね。

 

これからも人質生活が
続く家康ですが
待つこと
を説いた十兵衛の表現!!

徳川幕府が出来たのは
「待ったおかげ」ですもんね!!
いや~深い表現でした。

予告にありましたが、
次回は足利義輝登場ですね。
と、いうことは
吉田鋼太郎さん演じる
松永久秀がでますね!!
楽しみです。

そして、
辻屋店主 辻屋宗次郎を演じる
大塚昭夫さん。
かっこいいんです!!
出てくるかなぁ?

お付き合い頂き
ありがとうございます。

次回

 第五回「伊平次を探せ」
 
 お付き合い頂ければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました