【麒麟がくる】第3話感想 尾美としのりさん うしろ!うしろ!! あらすじネタバレ含 2020年NHK大河ドラマ「美濃の国」

麒麟がくる
スポンサーリンク

明智光秀の半生を描いた
「麒麟がくる」
第三回「美濃の国」
3分でわかるように
まとめた記事です。
よろしければお立ちより下さい。

【公式HP】
【公式twitter】

第三回「美濃の国」

2020.2.2放送

夫を亡くした帰蝶(川口春奈)は
明智荘を訪ね、
光秀(長谷川博己)や駒(門脇 麦)
らとつかの間の気の
置けないひとときを過ごし、
笑顔を取り戻す。
一方、道三(本木雅弘)は、
より操りやすい土岐頼芸
(尾美としのり)を美濃の
新しい守護として擁立しようとする。
内心、道三のことを嫌う頼芸は、

高政(伊藤英明)に自分が
実の父親であるかのように
ほのめかす。
引用:NHK大河ドラマ「麒麟がくる」

 

ストーリー流れと感想

明智荘 ー畑ー

十兵衛は慣れない手つきで
畑仕事を行っている。

畑を耕す十兵衛 引用:公式ツイッター

先の戦い(加納口の戦い)で
負傷した部下を気遣って、
農作業を手伝っている模様。

それじゃだめですね~

突然のダメ出し。

そこには、かつて野党から救った
(第1話)菊丸が立っている。

菊丸は無事、自宅のある三河に
帰ったが、母親に恩返しをしなさいと
促され、やってきたらしい。
薬草等を携えて。

そこへ、駒がやってくる。

菊丸・・・駒に一目ぼれした模様。

菊丸の手を握る駒 引用:公式ツイッター

駒は菊丸のもつ薬草に興味をもつ。
ちょうど、手持ちが切れていたので
ほしいようだ。
菊丸は
「この薬草なら、向こうの山に
 いくらでもありましたよ。」と

駒は、そこまで連れていってほしい
とお願いする。

さくら
さくら
菊丸の手を握る駒・・・
魔女じゃぁ~魔女がおる!!

十兵衛は放置・・・

こんどは、帰蝶がやってくる。

森で野生のリスを捕まえたので
十兵衛の母「牧」に
差し上げるのだと。

しかし、
リスは一瞬のスキをついて逃亡。

帰蝶は森で木登りをしている際、
足に傷を負ったらしい。
手当てをする為に明智の館へ向かう。

さくら
さくら

う~ん・・・
夫を亡くして、
話し相手がほしかったんですかね?
まぁ、十兵衛とは幼馴染みたいだし・・・

明智荘 ー館ー

帰蝶は駒の手当てをうける。

帰蝶・牧(十兵衛の母)・駒は
帰蝶は幼いころ十兵衛とよく
過ごしており、幼いころの話で
盛り上がっている。

女子トーク 引用:公式ツイッター

話のひとつに
「美濃のきつね」の話があり、
その内容を、京から来た駒が
知っていた。

火事の時に助けてもらった
武士に聞いたものだという。

駒は、美濃にきたことで
その再開に期待を寄せる。

さくら
さくら
もしや・・・
元油売りのあの人?

城に帰る前、
帰蝶は十兵衛を呼び出した。

帰蝶は、夫(土岐頼純)死亡の経緯
と、それをどのように思うかと問う。

十兵衛は、

理由はどうあれ、
美濃の守護たる頼純がおこした
いくさなのだから”やむなし”と。

十兵衛は帰蝶の心中を察するが・・・

帰蝶は何も言わず城へと帰る。

さくら
さくら

父親に夫を殺されてるんですよね。
心中グチャグチャですよね~。

土岐頼芸邸

土岐頼芸のもとへ、
道山と高政が訪れる。
守護職に就いてもらうために。

土岐頼芸に守護職着任の依頼をする道三 引用:公式ツイッター

頼芸
そなた、頼純を
 殺したそうじゃな。

道三
 「私が?
  頼純様を?
  滅相もない!!

頼芸
だが、死んだ。
わしは、まだそなたに
 毒を盛られたくはない。

道三
操り人形に
 毒は盛りませぬ。

操り人形に毒は盛りませぬ 引用:公式ツイッター

さくら
さくら
・・・
とっ時が止まった!!
道三おそるべし・・・

 

帰り際、頼芸は高政を呼び止める。

頼芸は、高政に

そなたの父は当てにならぬ

ワシが頼りとするのはそなじゃ

耳打ちする頼芸を道三が・・・ 引用:公式ツイッター

我が子と思うて頼りにしておるぞ

と耳打ち

さくら
さくら
頼芸!!
うしろ、うしろ~(笑)

しかし、
道三はひっそり見ている・・・・。

道三と高政が帰ると、
頼芸は、尾張に使者を送るよう指示。
頼芸も織田と手を結ぶ模様・・・

さくら
さくら
頼芸も頼純と
同じ末路?
道三怖いですもんね~。

稲葉山城 夜

高政は母「深芳野」の元を訪れる。

高政は頼芸の
”我が子と思うて”の言葉に
引っかかていた。
だが、母は驚きを隠せずにいるも、
否定。

そこへ道三が現れる。

いきなり現れる道三 引用:公式ツイッター

高政は疑いをもったまま帰ることに。

さくら
さくら
またまた!!
いきなり道三登場(笑)
いい演出が続きますね~

稲葉山城 昼

十兵衛は高政の元へ

高政は道三から鉄砲を預かっており、
使い方を調べるように命令がある。

高政はこういうのは苦手だと、
駄々をこねる。
十兵衛はその姿をみて憤る。

堺でも、手に入れるのは難しい
逸品であったにもかかわらず、

それをあしらうとは何事か!!
美濃の行く末が不安じゃと。

高政は鉄砲から玉が出るところが
みたいと十兵衛をなだめ、
森へ試し打ちに向かう。

道中 ~ 神社

高政は十兵衛に話す
「父上は、戦にはつよい、が
 内政にはうとい。」

道中、話し合う高政と十兵衛 引用:公式ツイッター

加えて、
頼芸は、道三ではなく
自分(高政)を頼りにしていると。

ワシは頼芸様につこうと思う
道三に代わって国を支える意思を
十兵衛に伝える。加えて、

ちからを貸してほしい。と

十兵衛は、
どうすればよい国になるか
  話し合おう”と承諾。

「麒麟がくる国に」

鉄砲を撃つ十兵衛 引用:公式ツイッター

鉄砲を撃つ十兵衛。
目標の”ひょうたん”を破壊。

尾張 古渡城

頼芸からの書状が届く、
尾張と手を結びたいと。

信秀は美濃への侵攻を諦めては
いなかった。が

信秀のもとに知らせが届く、
今川義元が1万の軍をもって
侵攻中。

小豆阪の戦い」が
始まろうとしていた・・・

 

第3回 終了

 

ピックアップ:

今回の視聴率は16.1%
好調をキープです!!

今回は歴史的な、大きな動きは
ありませんでしたね。

とはいえ、またしても
本木さん(道三)の演技に
魅了された回だったのでは
ないでしょうか。

 

またまた、本木さんの
演技に期待がかかります!!

お付き合い頂き
ありがとうございます。

次回

 第四回「尾張潜入指令」
 
 お付き合い頂ければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました