【麒麟がくる】第2話感想 本木さん悪魔のお茶会開演?!あらすじネタバレ含 2020年NHK大河ドラマ 「道山の罠」

麒麟がくる
スポンサーリンク

明智光秀の半生を描いた
「麒麟がくる」
第二回「道山の罠」
3分でわかるように
まとめた記事です。
よろしければお立ちより下さい。

【公式HP】
【公式twitter】

第二回「道三の罠」

2020.1.26放送

光秀(長谷川博己)に心を開いた
望月東庵(堺 正章)と
駒(門脇 麦)は、
ともに美濃に向かうことになる。
しかしその行く手には、
美濃の侵略をもくろむ
尾張の織田信秀(高橋克典)の
大軍が迫っていた。
多勢に無勢の中、籠城を決め込む
斎藤道三(本木雅弘)。
光秀と道三の嫡男・高政
(伊藤英明)は反対するが、
それは敵を欺く道三の作戦だった。
引用:NHK大河ドラマ「麒麟がくる」

 

ストーリー流れと感想

稲葉山城:

利政(後述:道三)との
約束通り鉄砲と購入し、
医者を美濃へ連れ帰ることに
成功した十兵衛。
だが、美濃侵略をもくろむ、
織田信秀の大群が迫っている。

道三へ鉄砲を渡す十兵衛 引用:公式ツイッター

戦準備で慌ただしい城下だが、
十兵衛はまず、当主道三に報告。

道三は十兵衛に対して、
堺への旅費は”貸し”で、
”半分は返却しろ”と伝える。
困る、十兵衛だが、続けて道三は、
”侍大将の首2つ”でチャラ。
と・・・

さくら
さくら
ミッションスタート
・侍大将の首
2つを上げる

加納口(井ノ口)の戦い:

さくら
さくら
斎藤軍 VS 織田軍
斎藤軍: 4000
織田軍:20000
兵力差5倍!!!

天文十六年(1547年)
織田信秀が美濃へ侵攻。
斎藤道三の
本拠地「稲葉山城」に
攻め入った戦です。


落とし穴、屋奥からの弓等、
罠を張って奮闘する斎藤軍。

借金返済の為に侍大将を探す十兵衛 引用:公式ツイッター

十兵衛は「侍大将いずこ~!」
戦い続ける。

だが、兵力差5倍とあって、
次々に落城する斎藤軍。

籠城を決める道山 引用:公式ツイッター

そこで道三は「籠城」を決める。

さくら
さくら
籠城とは
城に立てこもること。

狙い
・攻城への疲弊
・相手方の兵糧浪費
・援軍への期待 等

籠城作戦に対して、
不満を抱く斎藤軍。

しかし、道三の狙いは

侵入した織田軍の
乱破衆(忍者)

 に対する偽装!!

籠城中 酒と見せかけて水を飲む斎藤軍  引用:公式ツイッター

道三は、くつろぎ、酒を
飲んでいる見せかけて、
その情報を織田軍に流すこと。

 

織田軍は

「勝ちに疑いなし!!」

一旦、兵を引き、
明朝、攻め入る作戦をとる。

油断した織田軍に対して
一気に攻め入る斎藤軍。

「雑魚に用はない!!」侍大将を探す十兵衛  引用:公式ツイッター

十兵衛は「雑魚に用はない!」
戦い続ける。

そんななか、
十兵衛は叔父・光安に似た
侍大将の
首を取ることに
躊躇した。

戦場での”ひるみ”は命取りに
なること学んだ。

えいっえいっおー
斎藤軍は勝どきをあげる。
斎藤軍見事勝利

さくら
さくら
ミッション
コンプリート??

夜・稲葉山城:

道三のもとに、
守護職・土岐頼純が訪れる。

さくら
さくら
守護
将軍から
任命された職業。

(現代の知事)

守護代
守護を補佐する職業。
(現代の副知事)

 

本来の立場は、
頼純の方が上だけど・・・

帰蝶は甲冑をまとっていない
夫・頼純を責める。

甲冑をまとっていない夫・頼純を責める帰蝶  引用:公式ツイッター

帰蝶は道三に
「父上、わが夫をお許しください」
と。そして、帰蝶は席を外す。

頼純と道三、二人・・・

道三は織田が攻めてきた事に対して
書状を持ち出し、
頼純は織田と取引を行っている。
繋がっていることを暴露。

頼純は取り乱し

「マムシが、黙れ!!
 恩を忘れた
成り上がりが者が!!」

「そちのいいなりにはならぬ」

退席しようとする頼純を道三が恫喝

「頼純っ!!!」

「まずは、心を落ち着け
 茶などお召し上がり下さいませ。」
道三はお茶をたてる。

茶を飲む頼純。
うめく頼純!
倒れる頼純!!
唄う道三・・・

倒れる頼純・唄う道三 引用:公式ツイッター

第2回 終了

ピックアップ:

今回の視聴率は17.9%
だったみたいです。
好調をキープですね。

第2話ラストが衝撃です。
毒を盛って唄う。
道三、恐ろしい・・・


今回のメインは、
”井ノ口の戦い”だったはずです。


が、完全に、
本木さん(道三)と
矢野さん(頼純)のシーンに
喰われましたね。

いや!!いやいや!!
テーマは「道三の罠」
です。

てっきり、戦の中での
話かと思ってました。
この、シーン
(頼純の殺害)を含めて
”罠”ってことですね。
(むしろ、こっちが本命?)

納得です!!!

これからも、本木さんの
演技に期待がかかります!!

お付き合い頂き
ありがとうございます。

次回

 第三回「美濃の国」
 
 お付き合い頂ければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました