Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)アニメ4話(死に戻り:1回目) まとめ あらすじと感想

Re:ゼロから始める異世界生活

「Re:ゼロから始める異世界生活」通称リゼロ

話の内容が3分程でわかるように
わかりやすく
まとめています。

是非、お立ちより下さい。

「屋敷の一週間」篇 第4話「ロズワール邸の団欒」
死に戻り1回目)のあらすじ解説と感想です。
魅力あふれるリゼロの世界をお楽しみ下さい。

第二章:「屋敷の一週間」篇

第4話 『ロズワール邸の団欒』
エルザとの戦いで深い傷を負ったスバルは、どうにか一命をとりとめ、
ルグニカ王国のメイザース辺境伯であるロズワールの屋敷へとやってきていた。
そこでスバルはルグニカ王国には現在、王が不在であること、
そしてエミリアが次の王になる資格を持った王候補の一人であることを知る。
ロズワールは次の王を選ぶ王選に参加するための資格である徽章を取り返し、
身を挺してエミリアを救ったスバルに対して望むままの褒美を出そうと申し出る。

引用:「TVアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」オフィシャルサイト」

 

【第4話 『ロズワール邸の団欒』】

 

イベント:ロズワール邸(禁書庫)

第二章「屋敷の一週間篇」スタートです。
ロズワール邸での出来事が主な話となります。
スバルが使用人としてデビューしますが、ついに、
ラム・レム登場です。
ヒロインのエミリアを上回る人気を誇るレムですが、
驚きの展開が待っています。必見ですね!!

 

 イベント:ロズワール邸(寝室)

 イベント:ロズワール邸(庭・昼)

イベント:ロズワール邸(食堂)

イベント:ロズワール邸(使用人)

イベント:ロズワール邸(夜)

エミリアとのひとときですが、

なんとか、デートの約束までこぎつけました。

なんかいいですね。

浮かれるスバルこっちもうれしくなっちゃいますね。

 

イベント:ロズワール邸(寝室)

 

まとめ

ロズワール邸のメイド ラム(左)とレム(右)
画像引用:「TVアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」オフィシャルサイト」

「屋敷の一週間」篇 第4話「ロズワール邸の団欒」の流れでした。
何度も言います。リゼロは、
スバルが死なないと話が進みません!!
楽しい”ひととき”は、本当に”ひととき”でしかないんですね。

特に第二章は第一章と比べて残酷な内容になっている気がします。
あと、サスペンス要素が強いようです。
その分、謎が解けたときの解放感は強いと思います。
私個人としては、この第二章が一番好きです。

第二章の目的ですが
5日目の朝を迎え、エミリアとのデート。
これを達成する為にスバルが奮闘します。
メイド二人とベアトリスとのやりとりにも注目ですね。
では、ここまでのおさらいです。

・今回なぜスバルは死んだのか

この一点につきます。
他は、な~んにもわかりません。
今回は表題通り(ロズワール邸の団欒)の展開で平和に見えました。
しかし、なんの前兆もなく、スバルの「死に戻り」が発生しましたね。

ただ、ベアトリスがなにか怪しいことを言ってましたが・・・。
今後も謎が謎を呼ぶ展開に注目ですね。

それでは「屋敷の一週間」篇

 第5話「約束した朝は遠く」

でお会いしましょう!!

-リゼロの視聴方法-

リゼロを視聴したければ
VODサービスを利用するのがベスト!
自分が好きな時に
自分が好きな場所で
リゼロを楽しみましょう。
筆者のオススメVODサービス
いくつか紹介します。
参考にして下さい。

・U-NEXT  (人気NO1.日本最大級サービス)


U-NEXT

月額料金・1,990円(税抜)

無料期間・31日
見放題作品・190,000本以上
レンタル・20,000本以上

日本最大級のVODサービスです。
サービスも充実!
一家で入るならこちらがベスト。

詳しい情報はこちら
U-NEXT詳細情報

・dアニメストア  (アニメさえ見られればいい!!)


dアニメストア

月額料金・400円(税抜)
無料期間・31日
見放題作品・3800作品以上
 
アニメさえ見られればいい!!
って方にはもってこいの
サービスですね。
月額400円で見放題は安い!

詳しい情報はこちら
dアニメストア詳細情報
 

・AbemaTV  (見逃し配信無料)


AbemaTV 

基本無料

「テレビ」で放送中の番組
無料で配信してくれる
サービスです。
期間限定ではありますが、
見逃し視聴も可能です。
特に、アニメには力が
入ってますね。
チャンネル数が多いです。

その、アニメですが、
見逃し配信を逃すと、
1話と最終話しか、

視聴できません。が、
月額960円の
”プレミアムプラン”
に入ることで、全話いつでも
視聴可能です。

タイトルとURLをコピーしました