野球で打率を上げたければ右打ち(流し打ち)を練習しろ!!コツは? 不調の打開策を経験者が解決!!

野球 打者篇

野球で打率を上げたければ右打ち(流し打ち)を練習しろ!!コツは?

「野球のなにが面白い?」と聞かれれば「バッティング!!」と私は答えます!!
バッティングは楽しいです!!が

成績を残し続けるのはとても難しいです!!

”バッティングは水もの”と”プロ”でも言われてます。
好・不調が必ずあるのです!!
とにかく、不調のときは、

出来ることからやっていこう!!

って考え方です。
そこで、右打ちです。
皆さんも不調の時は是非参考にして下さい。

不調のサイン

不調のサインは人それぞれだとおもいます。が、
以下のケース当てはまりませんか?

・そんなに速い球ではないのに空振りやチップが多い
・とらえたつもりがサードゴロになる
・ボールで見送ったつもりがストライク判定を取られた
・打った打球が上がりすぎて伸びてない

どうでしょう?
ちなみに、私は全て経験あります!!
そんなときは、何をやっても上手くいかないものです。

なぜ右打ちなのか

不調のサインがではじめたら、徹底した右打ちに切り替えます。
ここで、重要なのは

ミートではないです。右打ちです。

内野の間や、内野の頭をこえるのが目的ではありません。
バッティングを正常の状態に戻すのが目的です。

原因を見極め、改善する為に右打ちを行うのです。

原因が以下の場合であれば、右打ちしたとき
ほぼ、ライトに伸びる打球は打てないので

右打ちを徹底することで、修正ができるケースが多いです。

・ボールの見切りが早い
・レベルスイングを行っていない
・つっこんでいる(ボールを迎えに行ってる)

こんなときは、

ボールを見れる限界まで見る!!
ボールを引き付けることに徹底!!

とにかくライトライナーを打つことにこだわります!!

 

右打ちの方法

右打ちは、

・とにかくボールを引き付ける
・自分の左肩より前で打たない
・右腕(肘・腰)で押し出す

これを意識して実行してくだい。
ファールでも構いません。
むしろファールならOKです。
ここで大事なのは、

絶対にボールをに迎えにいかないこと!!

特にアウトコースは遠く感じるので迎えに行きがちです。
しかし、

ストライクゾーンであれば、
ボールはレベルスイングをして普通に届く距離を通過します!

レベルスイングをみにつけたいひとは こちら(サイト内リンク)

しかも、迎えに行ってしまったら
右肘が伸びますので、

セカンドゴロは打てますが、ライトライナーは打てません!

回転が腕に(バットへ)伝わらないのです。
結果、”当てるだけ”で伸びのない打球になります。
バッティングは体重移動と回転で力をバットに伝えます!!

さくら
さくら
・とにかくボールをひきつける
・自分の左肩より前で打たない
・右腕(肘・腰)で押し出す

まとめ

不調の打開策として右打ちを紹介させていただきましたが、
バッティングって本当に難しいですね

調子がいいときは「なんでも打てそうな気がする!!」ってこともあれば、
不調のとき「どーやって打ってたっけ??打てる気がしない・・・」
ってこともあります。
でも、せっかく今年は打率がいいのに・・・落としたくないないなぁって
って人は”足搔き”の手段として是非、試して下さい。

また、あこがれるプロ野球選手のバッティングをイメージして
素振りをするのもいいかもしれません。

バッティングのお手本はこちら ソフトバンクホークス内川選手
ポイントにきたものを”さばく”職人ってかんじですね。

打撃ポイントに注目!!すごいひきつけ ライオンズ森選手
空振りなんですが、打撃ポイントがものすごく近いですね。
長打も打てて、打率も残せる。すばらしい選手ですね。

少しでも、あなたにとってアドバイスとなっているのであれば幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました