野球で守備を上手くなりたい!!ライト(右翼手)でレギュラーを取る!!経験者が解決!!

野球 守備篇

野球で守備を上手くなりたい!!ライト(右翼手)でレギュラーを取る!!

「野球のなにが面白い?」と聞かれれば「バッティング!!」と私は答えます!!
ただ、

ライトっておもしろいんですよ~

一番は、ライトゴロを取った時!!

一二塁間を抜ける打球は積極的に狙っていきましょう。

また、本当は内野がしたいけど”膝”がかたいので内野は向いてないって言われる方、
絶対、ライトをお勧めです。実は、

5人目の内野手と言われるほど重要なポジションなんです。

ライトに必要な守備と練習方法

1.外野フライをさばける能力
 これは、外野ノックをこなすことで身に付きます。

2.内野の間を抜けるゴロをさばいて送球する能力
 第五の内野手と言うように一二塁間を抜けるゴロは
 ライトゴロのチャンスとなります。
 また、セカンドなのかサードか、はたまた、ホームなのか、

 ランナーの状況・打球の種類に応じてランナーを刺しにいきましょう!!

 状況判断能力は試合を通じて経験値を上げる必要があります。
 ランナー付きで練習ができる機会があれば想定しやすいですね。

3.カバーリング
 ランナーの有無・内野の作戦によって、
 カバーに向かう場所が変わりますが、
 原則、内野ゴロに対するファーストへの送球カバーです。
 なかなか、忙しいですが、必ずやっておきましょう。

ライトの打球

ちょっと”クセ”があります。
特に右打者が打つ打球で、定位置よりライン側の打球は注意です。
左打者の打球と全然違います。

ライトの打球

右打者の打球は、原則、右に切れます(向かって左ですね)。
左打者の打球は、”当たり”によりますが、基本的には”真っ直ぐ”です。

右打者の打球感覚は外野ノックでは身につかないので
実際の試合で経験するか、バッティング練習でライト方向を守る等、
実際の打球を経験して身に付けてください。

ライトのポジショニング

まず、作戦によって変わります。

バックホーム体制 → 定位置より前
 内野を抜けるゴロがバックホームで自分が刺せる位置まで前進しましょう。

長打警戒 → 定位置よりもライン際且つ、やや後方
 ライトの場合ライン際を抜けると3塁打になる可能性が高いです。
 単打もしくは、2塁打に抑える為にライン際は抜かれないようにしましょう。

左打者警戒 → 定位置よりもライン際且つ、やや後方
 右打者よりも、原則打球が伸びるのでライン際を抜かれないようしましょう。

ここで確認です。
通常の右打者の場合は定位置でいいのか?
私は、違うと思っています。

原則、定位置より前が正解です。

守備位置

よほど上手いバッターでない限り、
右打者の打球は”打ちそこない”が多いです。

バッテリーが捕って欲しいのは
打ち取った打球なんです!!

私もピッチャーをやっていますが、
ポテンヒットは内心”ガッカリ”します。
ライト方向への強打は、割と”あっさり”諦めがつくのです。
「今のはしょうがない・・・ バッターがうまかった!!」
ってな具合です。

従って、ライトの基本守備位置は定位置よりやや前が正解です。
独断ではありますが、断言します!!

さくら
さくら
ライトゴロも狙いやすくなるよ~

まとめ

ひと昔前までは「ライ8」(ライトで8番)なんて表現がありましたが
イチロー選手の影響でしょうか?ライトのイメージが”ガラッ”と変わりましたね。

ライト イチロー

守備が好きになる!!イチロー選手のレーザービーム

私は昔から、外野をするのなら”ライト”でお願いします!!と志願したほどです。
それほど”ライトゴロ”の魅力にはまってました!!
ライトの打球の”クセ”を理解して、あなたも”ライトゴロ”で仕留めてみてください。
自分も周りも盛り上がること間違いありません!!

少しでもライトの魅力が伝わったなら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました